So-net無料ブログ作成
検索選択

メンバー紹介その9 [甲殻類]

魚類は全部紹介してしまったので、次は甲殻類です。
スカンクシュリンプ
P2280656 (1024x768).jpg
P3120684 (1024x768).jpg
2枚目はブレ+ピンぼけですね[あせあせ(飛び散る汗)]
なかなか2匹一緒にフレームに収まるときがないのでこんな写真しかないです。

何年も前に一度飼育したことがあったのですが、いつの間にか消えてました。
飼育難易度は低いですね。餌付け必要ないし、他の生体との相性もほぼ考えなくていいでしょう。もしかしたら大きめのフグだと食われる可能性あるのかな?シマキンチャクフグはアシナガモエビは獲物として捉えてましたが、スカンクシュリンプには手出ししてませんでした。

餌の時間には餌を欲しがって水面まで必死で泳いだりしてますが、乾燥餌をつかむのが上手くないのでほとんど取れてません。魚の糞やコケ、ヨコエビの子供なんかを食べてるのかなぁ。。。

写真の2匹は、去年12月頃にインドキンギョハナダイを購入したときにヒラムシっぽいのが着いていた気がして、ヒラムシ対策としてクリーナーシュリンプとして慌てて購入しました。
ヒラムシはその後見てませんので本当にヒラムシだったのか、スカンクシュリンプの効果があったのかわかりません。

我が家の魚たちはスポットテールブレニーとシリキルリスズメダイ以外はたまにクリーニングされているようです。寄生虫は付いてないでしょうけど。そういえば以前飼っていたヤエヤマギンポもよくクリーニングされてましたね。

飼いやすくて相性もほとんど気にしなくていいですが、弱った貝を見つけると生きているうちから食べようと必死に小さなハサミを突っ込みます。うちのマガキガイが1匹犠牲になり、その様子はちょっと怖かったです。たぶん死んだ魚なんかも好きだと思います。
考えようによっては死んだ生体を掃除してくれるので、水質悪化を抑えてくれるいいヤツかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。